29歳。イギリスに行く。

YMSに挑戦する私の記録。語学学校が始まりました。

お金をかけずに英語を勉強♡italkiの使い方・活用編



お金をかけずに英語を勉強italki活用編!

 

ということで、今日は Language exchange でも紹介した italki の使い方、私が普段どのようにitalkiを使っているかをもう少し詳しくご紹介したいと思います。

 

 Language exchangeについてはこちら。

hinauklog.hatenablog.com

 

italkiとは?

 

簡単にまとめると、オンライン言語学習サイトです。

登録&コミュニティ利用は無料。別途お金払って授業を受けることも可能です。私は授業は受けたことがないので授業のレビューはできませんが…無料で使えるコミュニティはめっちゃ使ってます!

 

 

私が利用しているのはこの3つです。

①Language exchange パートナーを探す

②Notebook で Writing を添削してもらう&添削する

③Answer で質問をする&回答する(Yahoo知恵袋みたいな感じ)

 

では、一つずつ見ていきましょう!

 

 

①Language exchange パートナーを探す

 

これはそのままですね。ランゲージパートナーを探すことが出来ます。「英語を勉強したいよ!私は日本語を教えるよ!」という感じで検索をかけると、「日本語を勉強したいよ!私は英語を教えるよ!」という人がHITしてくるわけです。初めはネット上で知り合った人とtextのやり取りしたりSkypeしたり、というのに抵抗がありましたが、本気で勉強したい人が多いので今までそんなに嫌な目にも合ってませんし、今は積極的にやりとりできる人を探してます。むしろ無料でネイティブの方とやり取り出来てお得感いっぱいです!

しばらくやっていると「あ、この人は勉強目的じゃないな」というのが嫌でも分かってきます。やり取りし始めてすぐに「恋人いるの?」「彼女を探してるんだ」「可愛いね!」「写真を送って」「初めまして!Skypeしよ~」等と言ってくる輩は言うまでもなくダメです(笑)し、一見真面目を装ってくるけど「ん?」と何故だか違和感を感じてしまう人もいます(ごめんなさい)。そこはもうあくまで自分の感じ方、直感に頼るしかないんですけどね。でも、ほとんどが真面目ないい人ばかりです✨

 

 

②Notebook で Writing を添削してもらう&添削する

 

 私は毎日このNotebookで日記を書いています。ありがたいことに毎回誰かしらが添削をしてくれるので、とっても勉強になります!いつもitalkiで添削してもらった日記を修正して、再度このブログに掲載しています。

italkiの添削は文字色を変えたりマーカーが引けたりするので、添削してもらったものもとっても分かりやすいです。私もたまに日本語で書かれたNotebookを添削してあげたりしています。

 

 

③Answer で質問をする(Yahoo知恵袋みたいな感じ)

 

 Notebookに書くまでもない、ちょっとした質問を聞けるのが Answer です。

私はDMM英会話の復習をしていて分からなくなったことなんかを質問しています。

 

丁度先日、ハワイの子とSkypeをしていて分からない言い回しがでてきたので Answerを使ってみました。

 

その時私がした質問がこちらです(英語変だったらごめんなさい。)

When I chated with my friend, he said "I’m going to call it a night."
I think it means "I gonna go. We're finifhing our conversation." Is it right?

 

"I’m going to call it a night." …なんやそれ💦笑 辞書で調べても分かりません。「そろそろ終わろっか」という感じかなと思ったんですが、一応italkiで聞いてみました。するとすぐに回答がきました~ありがたいです!

 

That's correct. You can say "let's call it a day" to mean "ok, we've done enough work for one day, let's each go home and rest". You can think of it as "let's call it a full day's work, and quit". "Let's call it a night" is a common variation; to me it means "let's call it a full night's work" (although "work" needn't be taken literally, it could be a full night of fun). It's not literally saying that you've worked all night. More like all evening. "Let's call it quits" also sometimes means that you're ready to quit work and go home, but it can also mean "let's stop arguing" or "let's break up (romantically)" or "let's consider our debts are now balanced out." 

 

なんと分かりやすい回答…!ベストアンサーです!(複数回答が来たらベストアンサーを選びます。まさに知恵袋!)

 

今度私も言ってみよう。 "I’m going to call it a night." ✨

 

********

 

というわけで本日はitalki活用編でした。無料でとっても使えるので、これから英語を勉強される方はぜひ使ってみて下さいね。

 

 

これまでのお金をかけずに英語を勉強シリーズはこちら✨

hinauklog.hatenablog.com

 

hinauklog.hatenablog.com

 

hinauklog.hatenablog.com

 

hinauklog.hatenablog.com

 

f:id:hinauklog:20170816231445j:plain

Bill's in London

********

ぽちぽち応援していただけたら嬉しいです

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ